必要書類はあるの?買取査定の前に用意したい物を一式チェック

必要書類はあるの?買取査定の前に用意したい物を一式チェック

必要書類はあるの?買取査定の前に用意したい物を一式チェック

 

トラックの売却には、いくつか必要となる書類があることをご存知でしょうか。トラック査定を行い、いざ売却となってから用意するのでは、準備に時間が掛かります。今のうちに必要書類の確認を行い、査定の段階で焦ることのないようにしましょう。

 

 

売却に必要となる書類には、まず自動車保険証があります。いわゆる車検証のことで、全ての車に積んでいることが義務付けられています。

 

 

この自動車保険証がないと、自動車保安基準に適合していると証明できません。一般的にはダッシュボードに入っていますが、見付からない場合は運輸支局にて再発行する必要があります。

 

 

次に必要になる書類が、自賠責保険証明書です。これは自賠責保険に加入していることの証明書になります。

 

 

自賠責保険の加入は義務になりますので、こちらも見付からない場合は、保険会社にて再交付する必要が出てくるでしょう。

 

 

3つ目に必要になる書類が、自動車納税証明書です。これは毎年5月に納めている自動車税を納めた証明書になります。

 

 

売却する際には必要になりますので、査定する前に準備しましょう。もしも見付からない場合は、自動車税管理事務所で再交付する必要があります。

 

必要書類はあるの?買取査定の前に用意したい物を一式チェック

 

4つ目に必要になる書類が、譲渡証明書です。これはトラックを売却した際に、自分から相手へ譲渡したことを証明するものになります。

 

 

車両全般の売却に必要な書類で、買取業者が用意する場合が多いようですが、事前に業者に確認する必要があります。

 

 

さらに、委任状も必要です。これはトラックの名義変更等を委任する際に必要となる書類になります。

 

 

たいていは業者に頼むことになると思いますので、こちらも必要な書類でしょう。譲渡証明書と同様に、業者側で用意してくれる場合が多いようです。

 

 

6つ目に必要になる書類が、印鑑登録証明書です。前述した、譲渡証明書と委任状に使用した印鑑の登録を証明する書類になります。こちらも売却時には必要になりますので、準備しておきましょう。

 

 

加えてトラックのナンバープレートが緑の場合には、事業用自動車等連絡書も必要になります。これは、緑のナンバープレートを持つ車で、登録を変更する際に必要な書類です。売却を考えているトラックが、緑プレートの場合には用意しておきましょう。

 

 

以上がトラック査定後の売却時に必要となる書類となります。すべてを揃えるには手間が掛かるでしょう。そのため買取査定、前の段階で準備できる書類は準備しておくことをお勧めします。