トラックを買取してもらった後の車両の名義変更はどうなるのか

トラックを買取してもらった後の車両の名義変更はどうなるのか

トラックを買取してもらった後の車両の名義変更はどうなるのか

 

トラックの買取をしてもらった後、名義変更が行われます。しかし稀にですが、行われていないことによるトラブルがあるそうです。あらかじめトラックの名義変更について確認を行い、後で問題にならないようにしておきましょう。

 

 

トラックの名義とは、そのトラックが誰の所有かを表すものになります。名義変更をきちんと行わないと、トラックを管理していないにも関わらず、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

 

たいていは業者が行ってくれますが、どのタイミングで名義変更がなされるのかを確認しておくようにしましょう。最も良いのは、名義変更を行ってからトラックを引き渡すことです。

 

 

可能なら業者に確認し、名義変更の後にトラックを引き渡すように手配してもらうと良いです。売却時に必要となる書類のうち、委任状が名義変更を業者に委任する書類となります。

 

 

委任状と印鑑登録証明書の提出や記入を求められない場合、名義変更について業者に確認すると良いでしょう。

 

トラックを買取してもらった後の車両の名義変更はどうなるのか

 

名義変更には、売却する側にも書類が必要で、自動車検査書と譲渡証明書、印鑑登録証明書になります。業者が名義変更を行う場合には、加えて委任状が必要になります。また、実印を求められることになりますので、用意しておくと良いでしょう。

 

 

その他、自動車検査証に記載されている住所や氏名に変更のある場合、変更後の住所や氏名を証明できる書類が必要です。前もって業者に確認を行い、事前に準備を行っておくのが良いと思います。

 

 

また、名義変更を業者が行う場合、代行手数料が取られることがあります。費用が掛かる業者と掛からない業者がありますので、査定を依頼した際に確認を行うようにしましょう。

 

 

現車確認後の本見積で費用の話がある場合もありますので、前もって話をしておくのが一番かと思われます。トラックを売却する際、複数の業者に査定依頼を行うのが高く売るポイントです。

 

 

その際、査定額を比べるだけでなく、名義変更についてもチェックすると良いかもしれません。名義変更の代行手数料に違いがあると、査定には数万円の違いがあります。同程度の査定額なら、そうした経費の掛からない業者を選ぶようにしましょう。

 

 

名義変更の確認を怠ると、忘れた頃にトラブルに巻き込まれるかもしれません。場合によっては、原因が名義変更にあると中々分からないこともあります。後になって困らないために、初めの段取りとしてまずは名義変更を頭に入れておきましょう。