査定を依頼したトラック買取業者からしつこい営業電話・どうしたら?

査定を依頼したトラック買取業者からしつこい営業電話・どうしたら?

査定を依頼したトラック買取業者からしつこい営業電話・どうしたら?

 

トラック査定後のトラブルとして、買取業者からのしつこい営業電話があります。四六時中電話が来てはその他の用事もままなりませんが、しつこい営業電話には、どのように対策すれば良いのでしょうか。

 

 

しつこい営業電話を対策するには、前もっての対策が大切です。トラックを査定する際、業者をきちんと選ぶように心がけましょう。連絡手段の方法にバリエーションを持たせている業者もあります。

 

 

電話連絡以外の連絡手段を選び、電話番号を記入しなければ、そもそも営業電話を掛けることはできません。またトラック査定を行う場合、一括査定サービスを利用するとトラブルを回避できることもあるでしょう。

 

 

一括査定サービスは、業者との連絡を代行してくれることが多いです。業者との連絡に一括査定サービスを仲介させることで、しつこい営業電話が掛かってくる可能性から逃れることができます。

 

 

そうした対策を行っても、実際に営業電話が掛かってくる場合もあります。きちんと断ったにも関わらず、何度も電話をかけてくるのは、法律で考えても違法です。

 

査定を依頼したトラック買取業者からしつこい営業電話・どうしたら?

 

自分で対策を行ってもどうしようもない場合には、最終的に弁護士や警察に相談をするようにしましょう。また最近の電話機の多くは、掛かってきた電話番号を表示すると思います。

 

 

電話番号の表示機能は、しつこい営業電話の対策に有効です。お使いの電話機が電話番号の表示機能がない場合、表示機能を持つものに入れ替えましょう。

 

 

そうした機能があれば、知らない番号も拒否できます。また、悪徳業者の場合はいくつか電話番号を持っていることもあります。

 

 

しかし、着信拒否を何度も繰り返せば、電話が掛からなくなるケースもあるようです。着信拒否を行っていないのでしたら、すぐにでも行った方が良いと思われます。

 

 

しつこい営業電話の対策には、口コミを調べることも効果的です。その業者が悪徳な業者でしたら、そうした口コミも多くあがっています。

 

 

トラック査定を行う前なら、あがっているかどうか確認して業者を避けるのも大切でしょう。また実際にしつこい営業電話に悩んでいる場合にも、役に立ちます。

 

 

同じように営業電話に悩んでいた方の口コミを確認し、どのように解決したかを調べましょう。全く同じように対策することは難しいかもしれませんが、取り入れられる対策手段もあるはずです。

 

 

営業電話に負けて、ご自分が損をする必要はありません。対策を行ってもダメなら、弁護士や警察などの専門家に相談をするようにしましょう。