トラック買取業者との間でよくあるトラブルと対処のポイント

トラック買取業者との間でよくあるトラブルと対処のポイント

トラック買取業者との間でよくあるトラブルと対処のポイント

 

稀にですが、トラック査定でトラブルにあったという話を目にします。トラック査定業者は数多く存在し、中には悪徳な業者もあるようです。その時になって困らないために、トラブルの内容と対策を確認しておきましょう。

 

 

中でも多いのがお金に関するトラブルで、現車確認の後、極端に低い査定額が提示され、断るとキャンセル料を請求されることがあります。

 

 

またトラックの引き渡し後に難癖を付けられて、査定額の減額を言い渡される場合もあります。お金の受け渡しを振り込みにしている場合、いつまでも振り込まれないというケースもあるようです。

 

 

お金に関するものは、トラックを売却する際のトラブルでも特に数が多いです。業者や見積もりを確認し、細かな項目や期日等にも気を配るようにしておきましょう。

 

 

トラック査定後の営業電話も、トラブルとしては良くあげられています。お断りの話をしたはずが、毎日のように営業の電話が掛かってくることもあるでしょう。

 

 

その他にも直接自宅に訪問してきたり、山ほどメールが届いたりと、営業に関するトラブルも多いです。連絡には一括査定サービスを仲介する、業者とのやり取りはフリーメールを使う等の対策を立てておくようにしましょう。

 

トラック買取業者との間でよくあるトラブルと対処のポイント

 

トラックの名義変更がされておらず、その後にトラブルになったという話も聞きます。多くは、自動車税の納付通知が届いて発覚するようです。

 

 

自分の名義のトラックが悪用されていたとしても、自分では分かりません。売却する段階で、しっかりと名義変更について確認する必要があります。

 

 

中には個人情報を売られてしまったという話も聞きます。そうした情報が漏洩してしまった場合、自分ではどうすることもできない場合が多いでしょう。

 

 

トラブルにあった際には、自分だけで解決するのではなく、弁護士や警察に相談することをお勧めします。そうした方々は解決のプロなので、自分で解決策を模索するより、良い方法を教えてくれると思います。

 

 

またトラブルに巻き込まれないように、業者をしっかり選ぶのが最も大切です。少なくとも売却する業者の公式サイトは、前もって確認するようにしましょう。

 

 

公式サイトには業者の情報が詰まっているため、所在地や連絡先の記載がない業者は利用しないことが無難です。また一括査定サービスを利用することで避けられるトラブルもあります。大手の一括査定サービスは、提携している業者も厳選されています。

 

 

業者との連絡を仲介してくれるサービスも多く、サポートも24時間体制のサイトが多いです。トラック売却前に悪徳業者を見極め、トラブルには気をつけていきましょう。