トラックディーラー下取りと買取専門店・手放すならどっち?

トラックディーラー下取りと買取専門店・手放すならどっち?

トラックディーラー下取りと買取専門店・手放すならどっち?

 

トラックを売却したいと考えている方は少なくありません。売却する場合はディーラーでの下取りか、買取専門店を使うことが多いと思います。より高く買取をしてもらうためには、どちらを選んで手放すのが良いのでしょうか。

 

 

乗用車の場合は、車を購入したディーラーに下取りをお願いし、さらに新車を購入するケースが多いと思います。

 

 

しかしトラックの売却をする際には、ディーラーでの下取りはお勧めできません。特別な理由がないのでしたら、買取専門店に査定をお願いした方が買取価格は高くなる可能性が大きいです。

 

 

トラック査定は、乗用車よりも高い専門性が必要になります。乗用車の場合、車種によって買取額の相場が決まっているものです。しかしトラックには、基本的に買取相場がありません。

 

 

トラックの多くは、商用で利用されています。そのため、仕事に合わせたカスタマイズが施されていることも多いです。

 

 

車両の査定は、ノーマルな状態を基準に考えられます。そうした理由からディーラーに下取りをお願いする場合、カスタマイズを施したトラックの査定額は低くなりがちです。

 

 

ですが買取専門店の場合、トラックの需要を理解していますので、カスタマイズをプラスとして評価してくれることもあるのです。

 

 

トラック査定は、海外に販売ルートを持っているかどうかも査定額に影響します。過走行車や低年式のトラックの場合、日本では需要がない可能性もあります。

 

トラックディーラー下取りと買取専門店・手放すならどっち?

 

しかし日本製の中古トラックは、国内だけでなく海外でも人気があるのです。日本では走り過ぎに思われるトラックでも、海外では普通に乗られていることが多いです。

 

 

また、そういったトラックを修理しながら乗るのが一般的なので、パーツ取り用としても日本製のトラックは人気です。

 

 

なかなかディーラーでは、海外での需要まで理解していることは少ないです。こうした理由からも、トラックを高く売却するなら買取専門店に査定をお願いした方が良いと思われます。

 

 

買取専門店に査定をお願いする場合でも、複数の業者に依頼をするようにしてください。

 

 

前述のとおり、トラックの査定には高い専門性やエリアごとの需要が関わっています。そのため、ディーラーと買取専門店で査定額が違うように、買取専門店どうしでも査定額が違う可能性があります。

 

 

最近では、インターネット上で一括査定を行えるサービスも存在します。高く買取をしてくれるのはどこか、きちんと理解した上で査定を依頼するようにしましょう。