トラック買取査定前の洗車で買取額はアップさせられるの?

トラック買取査定前の洗車で買取額はアップさせられるの?

トラック買取査定前の洗車で買取額はアップさせられるの?

 

トラック買取査定を行う前に、洗車を行うべきかどうかは意見の分かれるところです。洗車で落ちる程度の汚れであれば、査定時にマイナスの評価をされることはありません。

 

 

そのため、トラック査定の前に洗車をする必要はないとする意見もあります。査定前に洗車を行うべきなのか、考えてみましょう。

 

 

たしかに、洗車は明確な査定項目ではありません。しかしトラック査定を行う際、前もって洗車はしておくべきでしょう。査定項目には、日々のメンテナンスがしっかりとされているかを査定する項目があります。

 

 

外観の汚れたトラックでは、定期的なメンテナンスが行われていないと判断されてもおかしくありません。また、人間は第一印象でその後の印象を決める傾向にあります。

 

 

汚れたトラックよりも洗車されている方が、その後の査定にもプラスの影響を与えるでしょう。単純にマナーの問題として考えた場合でも、洗車した後で査定に臨むのが良いと思われます。

 

トラック買取査定前の洗車で買取額はアップさせられるの?

 

トラックの洗車を行う場合、外観だけでなく内装も清掃しておくと良いでしょう。座席のシミや汚れの他、特に臭いには注意した方が良いです。車内に強い臭いがある場合、査定ではマイナスの評価となることが多いでしょう。

 

 

車内でタバコを吸われる方は、特に気を付けてください。タバコの臭いもそうですが、車内に多くのヤニが付着しています。水拭き等を行うことで汚れを落とすことができますので、査定を行う前に清掃するようにしておくと良いでしょう。

 

 

臭いに関しては、カー用品店で消臭剤が販売されています。エアコンのフィルターが原因になることもありますので、相談してみるのも良いかもしれません。

 

 

可能なら、トラックの下回りもキレイにしておくと良いです。傷や錆はトラック査定の際に査定項目になっていて、下回りは査定を行うのも苦労する箇所です。

 

 

汚れをそのままにしておくと特に印象が悪く、傷や錆に勘違いされる可能性もあります。汚れやすい割には洗車の大変な場所ではありますが、日ごろからキレイにしておくと査定でも高評価でしょう。

 

 

トラック査定の際、洗車を行っておくべきかどうかは意見の分かれるでしょう。しかし洗車が直接的には査定項目として存在しなくても、全体としては査定にプラスとなり、買取額もアップするかもしれません。

 

 

また、洗車でも落ち難い強い汚れは、査定でもマイナスになる可能性があります。日ごろから洗車を行い、トラック査定の際に好印象を与えられるようにしましょう。